Tag Archives: コンプレックス

ED、中折れの治療・改善

EDに悩む人の数は多く、その数は早漏やペニスサイズといった同じ性的なことでコンプレックスを抱えている人や、薄毛や抜け毛、白髪などの頭髪の問題で悩む人、果てには恋愛や仕事で悩む人よりも多いと言われています。
女性からしたら「なんで勃たないだけで悩むの?」と疑問に思うかもしれませんが、男にとって男性器というのは男の象徴のようなものであり、その男性器の機能が低下してしまうというのは精神的な苦痛が大きいです。
なので、EDは早急に治療・改善したいという人が多いです。

EDとは勃起不全、勃起障害のことです。昔はインポ、インポテンツという呼び方でしたが、勃起不全はちゃんとした病気であることを示すためEDという呼び方に変わりました。
EDに罹患してしまうと性行為に支障をきたすだけでなく、上述したように精神的な疲労も蓄積してしまいます。
なぜなら、セックスの場で勃たないことは周りがそう思おうとも思わなくても男は「次はしっかりしないと」や「自分は情けない」といったプレッシャーやストレスを自分にかしてしまうからです。
ひどいときにはこの自らに課したプレッシャーのせいでEDが悪化することもあるのです。
つまり、EDになんらかの対処を施さないとずっと悪化し続けることだってあるということです。

EDの原因は生活習慣病や病後・予後の疲れといった肉体的な問題から、ストレスやプレッシャー、性的なトラウマといった精神的なものまであります。
だから、EDを改善しようと思ったなら、まずその原因はなんなのか探ることが必要です。
肉体的なことが原因でEDになっているのならば、体質を改善するような精力剤を服用したり、食事で体を整えることが必要です。反対に精神的なことが原因でEDになっているのならば、カウンセラーと話をすることで悩みを打ち明けたり、緊張状態を緩和しましょう。これは精力剤を服用することでも同じことができます。

EDは病気ですが、決して不治の病ではありません。
むしろ、発見が早期であればあるほど改善するのも早くなります。
EDを改善するのに大事なのは原因がなんなのかを探ること、そしてその原因にあった治療をすることです。

早漏を治療しよう!そもそも治療の必要ってあるの?

hospital

男性の抱える代表的な悩みの一つに「早漏」があります。

早漏は性交時における射精の時間が早いことをさし、多くの男性はこの早漏を、「恥ずかしいもの」「みっともないもの」として捉えています。

一般的にはピストン運動を始めてから5分以内で射精をしてしまった場合に早漏と言われますが、実のところ多くの女性は「自分がオルガスムに達する前に射精される=早漏」と捉えているようです。

つまり、男の概念や一般論は関係なしに、早漏と思われている男は多いということです。
もちろん、女性器が濡れていない(乾いている状態)にもかかわらず、射精しないからといってずっとピストン運動をするのも良いとは言えませんが。

実のところ、多くの女性にとって早漏は悪く思われてはいません。

「私の締まりが良かったからなのかな」や「そんなに気持ちよかったんだ」と好意的に捉える女性が多く、「もっとえっちしたかったのに・・・」と思う女性は、男性が思っているよりももっと少ないのです。

しかし、男性としては女性がどう思うかよりも、自分のプライドが傷つくことを恐れているのです。
相手をもっと気持ちよくしてあげたい・・・と思うがあまり、早漏な自分を改善したいと強く思っているのです。

 
早漏になる理由は肉体的な理由と精神的な理由の2種類あります。

どちらの理由も日常生活を見直すことが必要で、その日常生活の中にはもちろん夜の営みだって含まれます。
そして、その夜の営みの中でさらに早漏が悪化することもあります。
なので、早漏は放置していても完治しづらいと言われています。

早漏を治療する方法は色々あります。
中でも一番有名なのは精力剤を使うことです。
早漏に効果があると言われている精力剤は数多くあるものの、本当に効果がある精力剤は限られています。
しっかりと吟味して選びましょう。

 
早漏の原因として、忘れてはいけないのが、包茎といった理由も考えられます。簡単に説明すると、包茎の人は刺激になれていなく、少しの刺激で、イッてしまうという要因も考えられるので、むやみやたらにサプリであったり、薬を服用するのは避けてください。

ちょっと自分は包茎かもと思っていて、とりあえずどこか近場の病院に行ってしまおうと思っている方は、まず下記サイトをチェックしてください。

  • 悪徳な包茎商法の実態は
    包茎など、身体にまつわる不安を煽って、患者に不必要もしくは過剰な治療を受けさせ、お金を騙しとる悪質な方法について解説されています。

ペニスのサイズを大きくしたいんだけど、どうすれば……

バナナ

ペニスサイズは決して不変ではなく、成長を促すことで大きくすることができます。

ペニス増大に悩む人は多く、自分のサイズに自信を持てない人は、性交に対して忌避感とコンプレックスを覚えることが多いです。
成長期を終えたときのペニスサイズを自分のペニスサイズの限界だと思っている人は多いです。
しかし、ペニスサイズは成長させることができるのです。それも、何種類も方法があるので自分の体質や予算に応じて成長法を選ぶことができるのです。

では、ペニスサイズを大きくするには、具体的にどういった方法があるのでしょうか。

ペニス増大は身長を伸ばす(=骨を伸ばす)ことと違います。
なぜなら、海綿体(=ペニス)に骨は通っておらず、また、筋肉と同じように適切なトレーニングや処置を施せば確実に鍛えられるものだからです。

ペニス増大のための方法はいくつかあります。

まずは、、、

1.精力剤を服用する

これはペニスの細胞や血管の機能を向上させることで、ペニス増大をはかるという方法で、一番ポピュラーなペニスのサイズアップ方法です。

ペニス増大が期待できる精力材については、下記サイトがまとめていますので、参考にしてください。

次に、

2.トレーニングまたはエクササイズ

これも有名ですね。
通常時や勃起時のペニスに適切な刺激を与えつつ、伸ばしたりすることでペニス増大を狙う方法で、かなり昔からある方法です。

そして、ペニス増大器具。
これはペニスを伸長させた状態で固定し、その状態からの細胞分裂でペニス増大を狙う方法です。ペニスを痛めることがあるのでこの方法を行う時は注意してください。

最後に、、、

3.ペニス増大手術

これは美容形成外科手術でペニスサイズを増大させる方法です。

確実に大きくなります。
そのかわり、お金がかかるという点と、身体にメスを入れるという点が、多くの人にとって障壁になります。

多種多様な方法があるため、ペニスサイズの増大は個人の裁量とネットでの評判や口コミを参考にして行いましょう。
すべては男としてのプライドを維持するためです。