ひどい大人ニキビを早く治す対処法とは…

20代以降にできるニキビは要注意!

tyuui

20代以降になってできるニキビ(通称・大人ニキビ)は早めの対策と根気ある治療が必要です。

10代にできるニキビは俗に「思春期ニキビ」と呼ばれ、おでこやこめかみといったTゾーンにできやすく、汗をかきやすい運動部の学生や、PMS(月経前症候群)が強くある女性によくできるものです。

多くの人が悩みますが、実際のところ思春期ニキビは治りやすく、しっかりと洗顔さえすれば特別なスキンケアをすることなく完治する傾向があります。

しかし、20代以降になってできる大人ニキビはそういう訳にはいきません

この大人ニキビには以下のような特徴があります。

  • あご・口の周り・頬のようなUゾーンにできやすい
  • 思春期ニキビと比べて発症しやすい
  • 思春期ニキビと比べて治りにくい
  • 再発しやすい
  • クレーターのような目立つニキビ跡ができやすい

つまり、放置することは勿論、中途半端な治療でさえかえって逆効果ということになります。

そして、思春期ニキビと同じく、男女関係なくできやすいため、男女ともに手入れが怠れません。

ニキビを消すのに欠かせないのは、何よりもしっかりしたスキンケアです。
具体的には、”ニキビ専用の化粧水を使うこと”が大切です。

今やニキビ専用の化粧水は様々なメーカーから数多く発売されています。その違いや口コミについてはこちら「オススメのニキビ跡化粧水って?」の記事が参考になるかと思います。

 

大人ニキビができる理由

大人ニキビができる理由は以下の通りです。

  • 過度の化粧やストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 新陳代謝の低下
  • 不規則な食生活
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の質の低下
  • 飲酒
  • 喫煙

などなど、様々なことが原因となり得ます。

どれもが大人の一般的な生活に密接した理由ばかりであり、誰でも身近に感じるようなことだらけです。

そのため、大人ニキビの悩み・コンプレックスを抱えている人は多く、裏を返すとニキビを消すことに頑張っている人は大勢いるのです。

なお、この厄介な大人ニキビは化粧水や美容クリームといったようなスキンケア用品で治すのが通常ですが、どうにもこうにもならないといった場合には、美容皮膚科で手術を受けるという方法もあります。
こちらについては、別の記事で説明していきたいと思います。