早漏を治療しよう!そもそも治療の必要ってあるの?

hospital

男性の抱える代表的な悩みの一つに「早漏」があります。

早漏は性交時における射精の時間が早いことをさし、多くの男性はこの早漏を、「恥ずかしいもの」「みっともないもの」として捉えています。

一般的にはピストン運動を始めてから5分以内で射精をしてしまった場合に早漏と言われますが、実のところ多くの女性は「自分がオルガスムに達する前に射精される=早漏」と捉えているようです。

つまり、男の概念や一般論は関係なしに、早漏と思われている男は多いということです。
もちろん、女性器が濡れていない(乾いている状態)にもかかわらず、射精しないからといってずっとピストン運動をするのも良いとは言えませんが。

実のところ、多くの女性にとって早漏は悪く思われてはいません。

「私の締まりが良かったからなのかな」や「そんなに気持ちよかったんだ」と好意的に捉える女性が多く、「もっとえっちしたかったのに・・・」と思う女性は、男性が思っているよりももっと少ないのです。

しかし、男性としては女性がどう思うかよりも、自分のプライドが傷つくことを恐れているのです。
相手をもっと気持ちよくしてあげたい・・・と思うがあまり、早漏な自分を改善したいと強く思っているのです。

 
早漏になる理由は肉体的な理由と精神的な理由の2種類あります。

どちらの理由も日常生活を見直すことが必要で、その日常生活の中にはもちろん夜の営みだって含まれます。
そして、その夜の営みの中でさらに早漏が悪化することもあります。
なので、早漏は放置していても完治しづらいと言われています。

早漏を治療する方法は色々あります。
中でも一番有名なのは精力剤を使うことです。
早漏に効果があると言われている精力剤は数多くあるものの、本当に効果がある精力剤は限られています。
しっかりと吟味して選びましょう。

 
早漏の原因として、忘れてはいけないのが、包茎といった理由も考えられます。簡単に説明すると、包茎の人は刺激になれていなく、少しの刺激で、イッてしまうという要因も考えられるので、むやみやたらにサプリであったり、薬を服用するのは避けてください。

ちょっと自分は包茎かもと思っていて、とりあえずどこか近場の病院に行ってしまおうと思っている方は、まず下記サイトをチェックしてください。

  • 悪徳な包茎商法の実態は
    包茎など、身体にまつわる不安を煽って、患者に不必要もしくは過剰な治療を受けさせ、お金を騙しとる悪質な方法について解説されています。

一緒に読まれている投稿