Category Archives: 女性の悩み

悩みの種類は人それぞれです。誰しも悩みを抱えながら、人には相談しにくいものです。こちらでは、女性特有のコンプレックスを解消してくる方法や製品についてまとめています。

ムダ毛の処理をして女子力UP

女性は年中ムダ毛の処理に追われています。
薄着になる夏場は勿論、冬場でもふとした瞬間にムダ毛が見えてしまうことを防ぐために手入れはかかせません。そして、彼氏ができたら年中ムダ毛の処理に追われます。
それ以外にも、「Hするときに気になる……」「手で触れた時の感覚が……」「雨や汗で服が透けたときに……」といったような声が寄せられており、それほどまでにムダ毛は気になる事柄です。
なので、カミソリで剃毛したりエステで脱毛することが女性の常ですが、手間とお金がかかるので苦労している女性は圧倒的に多いです。
生まれつき毛が薄い女性ならまだしも、毛が多い女性はこのムダ毛の処理に毎年多額の金と膨大な時間を割いています。
このムダ毛の悩みを簡単に安く解決する方法はないのでしょうか。
実はあります。
それは除毛クリームを使うことです。

進化した除毛クリーム
除毛クリームと聞くと、
「効果がイマイチ」
「毛根から除毛するわけじゃないからすぐに生えてくる」
「臭いが気になる」
といったマイナスな意見が多いため、昔からあるものの愛用している人は少なかったです。
しかし、現在の除毛クリームは進化しているのです。
まず、現存しているほぼすべての除毛クリームは即効性があります。
本当に早い除毛クリームは塗り終えてから5分後には除毛しています。
それも、毛の根元から除毛されているので、頻繁に塗りこむような手間になるようなことはありません。
また、肌へのケアも対策されており、除毛しても肌に痛みがないのがほとんどです。薬用成分を含んでいるものもあるので、カミソリで剃った時のような剃り負けの痛みもありません。
最近ではいきなり除毛するのではなく、毛が産毛になるような成分を含み、ムダ毛を段々と目立たなくする抑毛タイプのクリームもあります。
自分の肌質やムダ毛の量・質でクリームを選びましょう。

ムダ毛に悩む女性の方は、進化した除毛クリーム(抑毛クリーム)を用いましょう。

抜け毛に効く女性用シャンプー

女性用の抜け毛対策シャンプーが登場しました。
女性の誰にも言えない悩みやコンプレックスの中で意外にも多いのが「抜け毛」です。
抜け毛と聞くと男性特有の悩みと思われがちですが、実はそうではありません。
出産後の女性は過度の栄養不足と女性ホルモンの乱れによって抜け毛が増しますし、女性も男性と同じように働くようになったことが抜け毛を促進させる要素になっています。
加齢やストレス、生活習慣の乱れが抜け毛の原因となるのは男女変わりありませんが、女性は男性よりストレスに対して耐性がないので女性の抜け毛が目立つようになったと言われています。
また、女性の場合、過度なダイエット――特に食事制限ダイエットが抜け毛の原因になります。
理由は食事を制限したことによる栄養不足と、食事をとれないことによるストレスの蓄積です。この栄養不足とストレスの蓄積が髪の毛にダメージを与えるだけでなく、頭皮へもダメージを与えるのでより抜け毛が促進するという訳ですね。
とりわけ抜け毛を防ぐシャンプーやマッサージをしても、頭皮のはたらきが悪いままだと抜け毛は止まりませんので、根本的に抜け毛を防ぎたいなら髪の毛の健康とともに頭皮の状態にも気を付けなければなりません。

抜け毛を防ぎ、かつ頭皮環境も整えるシャンプーがあります。
その名も『U-MAシャンプー(ウーマシャンプー)』。

U-MAシャンプーの特徴は、最高級のこうね馬油をふんだんに使用していることです。
こうね馬油とは人間の皮脂に最も近い油でであると同時に肌への浸透力がとても強く、その上、不飽和脂肪酸を多く含んでいる油です。
不飽和脂肪酸とは毛髪の育成に効果があること以上に、皮膚の状態を正常化してくれる効果を持っています。
つまり、こうね馬油を使えば毛髪の育成成分や皮膚を正常化する成分を肌に無理をさせることなく浸透させることができるということですね。

育毛効果と頭皮の洗浄に大きく期待できる魔法のようなシャンプー、ウーマシャンプー。
女性の弱い肌にも無理なく浸透していくので安心して使用できますね。

涙袋メイクで色気UP!オロナインも役に立つよ♪

元AKB48の板野友美の色気の秘密はなんといってもぷっくらとした涙袋ですよね。
涙袋があると多くの人が「目が大きく見える」「色気や優しさを感じる」と言った、好印象を抱きます。

また、昔から涙袋がある人は美人と言われていたり、人相学的に恋愛運が良いと言われていることも涙袋の需要がある理由です。

この涙袋を手に入れる方法は、

  • ヒアルロン酸や脂肪を注入して涙袋を形成する美容整形手術
  • オロナイン軟膏を涙袋に塗る
  • 目の下の血行を促進させる
  • アイラインで下まぶたに明るい色をさし、疑似的に涙袋を演出するメイクアップ

といったものがあります。

2番目の「オロナイン軟膏」が涙袋作りに役立つとは驚きですね。
もちろんオロナインだけではふっくらとした涙袋は作れませんが、その助けになるということです。

昔は美容整形外科での施術が主流でしたが、今は違います。
なぜ、美容整形の人気が落ち目になったかというと、涙袋を作れる速さはピカイチですが、将来的にたるみになるかもしれないというリスクを内包し、かつ手術が失敗して目の周りがでこぼこになるリスクもあるからです。
今、一番人気なのはお手軽かつ効果的な涙袋メイクです。

もて涙袋メイク

もて涙袋モイスチャー
涙袋がない人でも簡単に涙袋を作ることができるテクニック、それが涙袋メイクです。
下まつ毛から5mmくらい下の部分に影を作るため、茶色のペンシルかシャドーを使って影を作ってください。
その影の上にハイライト(白や薄いピンク色)を塗ってください。
たったこれだけで涙袋メイクは終了です。
特に『もて涙袋モイスチャー』というコスメは、涙袋の美容のためだけに製造された商品で人気モデルも愛用しているので効果に大きく期待できます。
簡単に作れる涙袋は、あるのと無いのでは女子力が大きく変わります。

目元を美しく見せるのは美容の基本中の基本。
今は涙袋を作って色気を演出するのがトレンドです。