Author Archives: complex

パートナーのためにも自分のためにも遅漏を改善しよう

forpartner

早漏に悩む男の人は多いですが、遅漏に悩む人だって少なくありません。

しかし、遅漏はどうしても自覚しにくい部分があるのです。
なぜなら、マスターベーションの時よりも射精するのが遅かったとしても、「疲れが溜まっているから」「あまり締まりが良くないから」「お酒を飲んだから」「この女とやるのは飽きたから」と様々な理由付けをしてしまうことが多く、射精するまでの時間が長いことにはあまり疑問を抱かないことがほとんどだからです。
しかし、女性は遅漏に対して良い印象を持つことはあまりありません。早漏より遅漏の方が嫌という女性は多くいます。

「ずっと長い間セックスをできるのだから、早漏より遅漏の方が楽しめるよ?」

と思う男性は多いですが、女性からしてみたら快楽が段々と痛みに変わってくるのです。
長時間のピストン運動は女性の性器を傷つける恐れがあるので、控えたいところです。

 
また、性交はかなり体力を消費する行為です。

その性交を長時間続けるのは体力の消費が激しく、回復力が衰え体力が低下し始める40代以降で遅漏だと快楽より先に苦痛を感じてしまいます。
それに長時間のセックスは粘液の分泌が乾いてしまい、男性器・女性器ともに乾ききってしまい、性交に痛みを伴うようになってしまいます。
このような性交を繰り返す関係はすぐに冷めきってしまいます。

 
さらに、身体のダメージ以上に、女性の心に負担を与える可能性もあります。
「彼が、なかなかイかないのは、私の体やテクニックが悪いせいなのかも」と考えてしまいがちなのです。

遅漏も早漏と同じく互いに満足できるセックスを妨げる病気です。
なので、少しでも遅漏と疑わしい症状が出たのなら改善を試みましょう。

kaizen

遅漏の改善方法

では、具体的にどうやって遅漏を治すのかについてです。

1.まずは禁欲! オナニーのし過ぎじゃありませんか?

一番シンプルなのは、ずばり、禁欲することです。
パートナーと毎日のようにセックスしている場合は、その頻度を一旦減らしてみましょう。

もしくは毎日のようにマスターベーションをするのが日課になっているなら、数日間我慢してみましょう。

それだけで、遅漏が治ってしまう人も結構いるのです。

 

2.オナニーの時にペニスに強く刺激を与え過ぎじゃありませんか?

一旦強い刺激に慣れてしまって、なかなかイキづらくなっている可能性もあります。
この場合は、オナニーの仕方を思い切ってソフトなやり方に変えてみましょう。

 

3.パートナーに協力してもらい、性的興奮を高めよう

性的興奮が高まらず射精に至らない場合は、性的興奮を何とかして高めるしか策はありません。
例えば、言葉で攻めてもらうとか、エッチな仕草や表情をしてもらうとか、パートナーにいつもとは違う面を見せてもらうようお願いしてみましょう。

 

4.心療内科に相談してみるのも一つの手です。

過去の何らかの精神的なショックが原因で、射精できない身体になっている場合もあります。
心理的影響による勃起不全(ED)である場合も含めて、心療内科の門を叩いてみるという選択肢も検討してみましょう。
決して恥ずかしいことではありません。

ED、中折れの治療・改善

EDに悩む人の数は多く、その数は早漏やペニスサイズといった同じ性的なことでコンプレックスを抱えている人や、薄毛や抜け毛、白髪などの頭髪の問題で悩む人、果てには恋愛や仕事で悩む人よりも多いと言われています。
女性からしたら「なんで勃たないだけで悩むの?」と疑問に思うかもしれませんが、男にとって男性器というのは男の象徴のようなものであり、その男性器の機能が低下してしまうというのは精神的な苦痛が大きいです。
なので、EDは早急に治療・改善したいという人が多いです。

EDとは勃起不全、勃起障害のことです。昔はインポ、インポテンツという呼び方でしたが、勃起不全はちゃんとした病気であることを示すためEDという呼び方に変わりました。
EDに罹患してしまうと性行為に支障をきたすだけでなく、上述したように精神的な疲労も蓄積してしまいます。
なぜなら、セックスの場で勃たないことは周りがそう思おうとも思わなくても男は「次はしっかりしないと」や「自分は情けない」といったプレッシャーやストレスを自分にかしてしまうからです。
ひどいときにはこの自らに課したプレッシャーのせいでEDが悪化することもあるのです。
つまり、EDになんらかの対処を施さないとずっと悪化し続けることだってあるということです。

EDの原因は生活習慣病や病後・予後の疲れといった肉体的な問題から、ストレスやプレッシャー、性的なトラウマといった精神的なものまであります。
だから、EDを改善しようと思ったなら、まずその原因はなんなのか探ることが必要です。
肉体的なことが原因でEDになっているのならば、体質を改善するような精力剤を服用したり、食事で体を整えることが必要です。反対に精神的なことが原因でEDになっているのならば、カウンセラーと話をすることで悩みを打ち明けたり、緊張状態を緩和しましょう。これは精力剤を服用することでも同じことができます。

EDは病気ですが、決して不治の病ではありません。
むしろ、発見が早期であればあるほど改善するのも早くなります。
EDを改善するのに大事なのは原因がなんなのかを探ること、そしてその原因にあった治療をすることです。

早漏を治療しよう!そもそも治療の必要ってあるの?

hospital

男性の抱える代表的な悩みの一つに「早漏」があります。

早漏は性交時における射精の時間が早いことをさし、多くの男性はこの早漏を、「恥ずかしいもの」「みっともないもの」として捉えています。

一般的にはピストン運動を始めてから5分以内で射精をしてしまった場合に早漏と言われますが、実のところ多くの女性は「自分がオルガスムに達する前に射精される=早漏」と捉えているようです。

つまり、男の概念や一般論は関係なしに、早漏と思われている男は多いということです。
もちろん、女性器が濡れていない(乾いている状態)にもかかわらず、射精しないからといってずっとピストン運動をするのも良いとは言えませんが。

実のところ、多くの女性にとって早漏は悪く思われてはいません。

「私の締まりが良かったからなのかな」や「そんなに気持ちよかったんだ」と好意的に捉える女性が多く、「もっとえっちしたかったのに・・・」と思う女性は、男性が思っているよりももっと少ないのです。

しかし、男性としては女性がどう思うかよりも、自分のプライドが傷つくことを恐れているのです。
相手をもっと気持ちよくしてあげたい・・・と思うがあまり、早漏な自分を改善したいと強く思っているのです。

 
早漏になる理由は肉体的な理由と精神的な理由の2種類あります。

どちらの理由も日常生活を見直すことが必要で、その日常生活の中にはもちろん夜の営みだって含まれます。
そして、その夜の営みの中でさらに早漏が悪化することもあります。
なので、早漏は放置していても完治しづらいと言われています。

早漏を治療する方法は色々あります。
中でも一番有名なのは精力剤を使うことです。
早漏に効果があると言われている精力剤は数多くあるものの、本当に効果がある精力剤は限られています。
しっかりと吟味して選びましょう。

 
早漏の原因として、忘れてはいけないのが、包茎といった理由も考えられます。簡単に説明すると、包茎の人は刺激になれていなく、少しの刺激で、イッてしまうという要因も考えられるので、むやみやたらにサプリであったり、薬を服用するのは避けてください。

ちょっと自分は包茎かもと思っていて、とりあえずどこか近場の病院に行ってしまおうと思っている方は、まず下記サイトをチェックしてください。

  • 悪徳な包茎商法の実態は
    包茎など、身体にまつわる不安を煽って、患者に不必要もしくは過剰な治療を受けさせ、お金を騙しとる悪質な方法について解説されています。